松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会

facebook.png


HOME > 礼拝説教集 > 20141221

2014年12月21日(日)
説教題「不安な心にキリストを迎えよう」

説教者 本城仰太 牧師

新約聖書: マタイによる福音書 第2章1〜12節

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

旧約聖書: ダニエル書 第2章1~11節

クリスマスおめでとうございます。クリスマスはイエス・キリストの誕生の祝いのときです。誕生日おめでとう、私たちは誕生日を迎えた人に対して、そのように祝いの言葉を述べます。私たちにとって、幼子が生まれるというのはめでたいことです。おめでとうと言います。この子が将来、どのように育っていくのか、いろいろな願いを込めながら、おめでとうという言葉で喜びを表します。しかしクリスマスの挨拶は単純にそれだけの喜びを表わしているわけではありません。もっと深い意味での喜びが込められているのです。

主イエスの母と父であるマリアとヨセフにとって、あまり喜んでいる暇はありませんでした。ルカによる福音書によれば、クリスマスの出来事は住民登録の最中に起こった出来事です。ヨセフは登録をしなければならなかったため、旅をしている最中でした。旅の途中で主イエスがお生まれになった。旅行中の人たちでどこの宿屋も満室でした。「宿屋には彼らの泊まる場所がなかった」(ルカ二・七)。家畜小屋で生まれ、飼い葉桶の中に寝かされた幼子だったのです。

今日の聖書箇所でありますマタイによる福音書でも、主イエスが生まれて間もなく、エジプトの方に逃亡しなければならなかったことが書かれています。ヘロデ王が新たに生まれた「ユダヤ人の王」を殺そうと謀ったからです。いろいろなものを背負い、生まれてきた幼子。その幼子に「イエス」という名前が付けられました。「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(一・二一)。

本日、私たちに与えられた聖書の箇所に、「ユダヤ人の王」という言葉が出てきます。占星術の学者たちの言葉です。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」(二節)。この「ユダヤ人の王」というのは、マタイによる福音書の一つの鍵となる言葉です。第二章でこの言葉が出てきて、しばらくこの言葉は出てきません。

次に出てくるのが第二七章になってからです。「お前がユダヤ人の王なのか」(二七・一一)。主イエスの裁判をしている総督ピラトがこのように尋ねるのです。その後、主イエスが十字架に架けられます。「ユダヤ人の王、万歳」(二七・二九)、人々はそのように主イエスを罵りました。十字架の上には「これはユダヤ人の王イエスである」(二七・三七)という文字が掲げられました。しばらく出てこなかった「ユダヤ人の王」という言葉が、繰り返し十字架の場面で出てきます。クリスマスに王として生まれた幼子が、王として十字架に架けられる。マタイによる福音書全体から分かってくる一つのメッセージです。

やがては十字架にお架かりになる王が生まれた。それがクリスマスです。私はクリスマスに、いろいろなところでクリスマスの話をする機会が与えられます。日本で祝われているクリスマスのほとんどは、本当の意味など考えないクリスマスとなっています。町に赴けば、ツリーや電飾で美しく飾られています。家ではケーキやご馳走を食べる。

しかしそのようなクリスマスを、何も批判する必要はないと思います。違う形でも、どういうわけかクリスマスが祝われている。その祝いのところへ、私が招かれることもある。教会が、牧師が、私たちがかかわりを持つことができるのです。そういう場で、「クリスマスの本当の意味が分かりました」、しばしば私たちはそういう言葉を耳にします。それは私たちにとって大きな喜びです。

クリスマスは単なる喜びではない。深い喜びがある。最初のクリスマスも、単純なお祝いではありませんでした。むしろ最初のクリスマスは、まずは不安から始まったと言った方がよいくらいです。今日の聖書箇所の三節にこうあります。「これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。」(三節)。

ここに出てくるヘロデ王は、純粋なユダヤ人ではありませんでした。外国人とのハーフです。そんな人だったからこそ、この地を支配しているローマ帝国にとっては好都合だったのでしょう。ヘロデは王でありましたが、ローマ帝国に支配されている王でした。ローマの意向によっては簡単に退けられてしまう人です。ローマから地方総督が派遣をされて、監視をされながら統治をしているような王でした。

王といえども、上から支配されている状況。しかし自分の下には、自分が支配できることの領域を持っていたのです。上からも下からも挟まれている状態でした。私たちは、誰でもヘロデと同じ状況であると言ってもよさそうです。私たちに大きく影響力を持っている人が上にいる。その人の意向や言葉によって私たちは支配されています。しかし私たちそれぞれに、自分の手の中で何とか操ることができる領域を少なからず持っている。その意味で、私たちは誰もが小さなヘロデです。そのヘロデが不安に感じたのです。

本日、私たちに合わせて与えられた旧約聖書の箇所は、ダニエル書第二章です。この当時、イスラエルはバビロニアという強国に支配されていました。ネブカドネツァル王はバビロニアの王様です。即位して間もない頃でした。夢を見て不安になります。夢の解釈を知者たちにしてもらうことを求めます。しかしそれができないと分かると激しく怒り、憤慨して、知者たちを殺そうとします。そこに、神の力を与えられたダニエルが王の夢を解釈していくという話が続いていきます。ネブカドネツァル王はヘロデ王をはるかにしのぐくらいの王でしたが、この王もまた不安を抱いたのです。

クリスマスを迎えるにあたり、ヘロデは不安を抱きました。クリスマスは普通の心境では迎えられない。ある意味では不安から始まると言わざるを得ないでしょう。聖書で使われている不安という言葉は、心を騒がせる、掻き立てられるという意味です。いろいろなことを考えざるを得なくされる。私たちも小さな王です。そこに別の王が登場をする、私たちのところに介入をしてくるというのです。

そのときに私たちはヘロデと同じように二者択一を迫られます。言葉は激しいですが、ヘロデが実際にしたように、イエス・キリストを殺そうとするのか。斥けるか。それとも、自分が小さな王冠を脱いで、王であることを止めて、まことの王を迎えるか。そのような二者択一の前に立たされる。これからどうなっていくのか、心を騒がせる。その不安から始まるのがクリスマスなのです。

ヘロデとは対照的な姿で記されているのが、占星術の学者たちです。ヘロデも、ヘロデの周囲の者も、エルサレムの人たちすべてが不安に思っていました。不安にある人たちの中にあって、この人たちは異質な存在でした。

しかし私が想像するに、この人たちもまた最初は不安だったと思います。遠くの東の国で、尋常ならぬ星が観察された。これは一体何の前触れだ、その不安から始まったと思います。「ユダヤ人の王」が生まれるらしい、その確かとは言えない手掛かりをもとに、不安の中で長い旅をしてきたところもあったかもしれません。「占星術」というのは、星占いのことですが、そもそもこのような類のものは、人間の不安から発生しているところがあります。先行きの見えない不安から、なんとかして先行きを見通そうとする安心を得ようとする。そんな人間の心が作り出しているものです。

聖書には「占星術の学者たち」(一節)と記されています。元のギリシア語では「マゴス」という言葉です。やがて英語の「マジック」になったと言われています。新約聖書でも、他の箇所ではこの「マゴス」が「魔術師」と訳されているところもあります。魔術師というと、私たちからすると胡散臭いような気もします。

しかし当時はそうでもなかったようです。この人たちは星を観察していた。いわば星占いのようなことをしていたのです。神がお造りになった星を観ていると秩序があります。その秩序を見て、人間の運命にも秩序があるのではないか、そう考えて研究する人たちが、今も昔もいたわけです。この人たちもそういう人たちであったと考えられる。ですから「魔術師」ではなく「占星術の学者」というように少し異訳をしているのです。

この占星術の学者たちは、遠い東の国から旅を続けてきました。行く先も分からないような旅です。星だけを頼りに旅をして、その地の王であるヘロデなら、何らかの情報を持っているに違いないと考えて訪ねてきた。しかし知らないという。これからどうすればよいのかという不安も大きかったかもしれません。

しかし、学者たちの不安などは聖書にひと言も書かれていないのです。むしろ喜びが書かれている。「学者たちはその星を見て喜びにあふれた」(一〇節)。ここには元の言葉で「彼らは喜んだ」「喜び」「大きい」「非常に」という言葉が連ねられています。直訳すると「彼らは非常に大きな喜びで喜んだ」となります。少々おかしな文章ですが、言葉で表せないような喜びに満たされたというのです。星に導かれて喜んだ、そして星が目的地まで導いてくれたことに喜んだ。この人たちは、不安から大きな喜びへと変えられていった人たちです。

この学者たちは三人であると言われています。聖書には複数形で書かれていますが、三人とまでは書かれていません。なぜ三人なのでしょうか。それは「黄金、乳香、没薬」が贈り物として献げられたからです。

黄金、乳香、没薬とは一体何か。それぞれの意味が長いこと考えられてきました。東方の国の代表的なものを表わすという考えがあります。あるいは、主イエスの家族はこれからしばらく逃亡をしなくてはなりませんでした。逃亡の生活を支えるための品が贈られたという考えもあります。あるいはこれらのものは、占星術のための道具だったのではないかと考える人もいます。まことの王に出会ったからには、もう星占いによって生きることは止める、その意味を込めて献げたと考える人もいます。

あるいは古くから教会に根強かった考えとしては、没薬が主イエスの死を示唆するもの、黄金は王としての身分を表わすもの、乳香は神と人との執り成しをする大祭司の身分を表わすもの、そのように考えられることもあります。あるいは改革者のルターは、信仰と希望と愛が表わされていると考えました。黄金、乳香、没薬は高価なものですが、信仰、希望、愛ならば、どんなキリスト者でも献げることができるものと考えたのです。実に多様な解釈があります。

しかし黄金、乳香、没薬という物以上に、特に目が留められたのが三人の人物たちでありました。中世の時代以降、盛んに三人の博士たちの劇が演じられるようになりました。この時代以降、三人の博士たちに名前が与えられたようです。もちろん聖書には名前がないわけで、中世の伝説書の類から名づけられたようですが、三人のうちの一人の名はカスパルと言います。髭のない青年です。もう一人がメルキオル。髭の生えた老人。最後の一人がバルタザル。色黒で黒人ともされている人です。

この三人の博士の物語は、盛んに演じられるようになったことからも分かるように、中世ヨーロッパで重要な役割を果たしたのだそうです。どういう意味で重要な役割を果たしたのでしょうか。それは自分たちの姿を博士たちの姿に重ね合わせたからです。自分達信仰者を博士たちと同一視したのです。

生まれたばかりのキリストを拝みに行ったのは、一体誰だったか。本来ならば、ユダヤ人の王としてお生まれになったのですから、ユダヤ人たちが拝みに行ってしかるべきでした。「祭司長たちや律法学者たち」(四節)はあれこれと調べはしましたが、拝みに行くようなことはしていません。

ヘロデ王もそうです。「ユダヤ人の王」が生まれると聞いて、ヘロデは祭司長たちや律法学者たちに「メシアはどこで生まれることになっているのかと問いただした」(四節)。メシアとはキリストです。救い主です。ヘロデは「ユダヤ人の王」が救い主であることをきちんと知っていた。それにもかかわらず、このキリストを拝みに行くどころか殺そうとさえした。

本来ならば拝むべき人が拝まずに、まったく関係がなかった東方の博士たちが拝んだ。この無名の博士たちに、自分たちの姿を重ね合わせたのです。喜んで劇を観たのです。中世の人たちにも不安があったと思います。その不安に打ち勝つ喜びを、この劇から得たのです。

この後で讃美歌一〇七番を歌います。クリスマスの讃美歌です。この讃美歌を作曲したのはバッハです。すでに歌詞は出来上がっていて、その歌詞にバッハ作曲のメロディーがつけられた。歌詞を作ったのはパウル・ゲルハルトという人です。この人は牧師であり、優れた讃美歌をたくさん作った人です。一六〇七年から一六七六年まで、ドイツに生きた人です。讃美歌の第一編だけで、この人がかかわった讃美歌が一〇曲もあります。

時代はすでに中世から宗教改革期に移っていました。三十年戦争と呼ばれる長い戦争が起こったり、ペストなどの疫病が頻繁に発生していた時代です。町の人口の三分の一、ひどいときには半数近くの命が失われるようなことが起こっていた時代です。このような時代にも、三人の博士の物語が続けて演じられていたわけです。

ゲルハルトは牧師を志しましたが、戦乱などのために、最初はなかなか牧師になることができず、家庭教師などをしながらなんとか生計を立てました。やがて結婚しますが、最初の子どもを半年で失ってしまう。四人の子どものうち、三人は早死にしてしまいます。ゲルハルトについて書かれている書物に、彼のことがこのように評されています。「若い時期に体験した戦争、病気、死はゲルハルトに影響を及ぼした。とりわけ、これらの体験は彼の詩作において何度も反映している」。

この時代の誰もが、少なからずゲルハルトのような経験をしたわけですが、讃美歌一〇七番にも、ゲルハルト自身の体験、そして信仰が表わされています。もともとこの讃美歌はドイツ語では九番まであったようです。しかし日本の礼拝ではなかなか九番までは歌えませんから、私たちが用いている讃美歌では九つある歌詞の中から四つが選ばれています。『讃美歌二一』の二五六番に同じ曲がありますが、『讃美歌二一』では歌詞が六番まであります。その二番と六番の歌詞が、私たちの讃美歌の歌詞にはないものになります。

二番はこのように歌います。「くらき死の夜に われは伏して、輝く太陽、今ぞ仰ぐ。主こそうるわしき、いのちの輝き、つきぬ喜びなり」。多くの死を身近で看取らなければならなかったゲルハルトらしい歌詞であると言えます。切実な問題だったのです。しかし暗い死の床にも、主イエスが輝く太陽であり、命の輝きではないかと歌う。

そして特にご紹介したい歌詞が、六番の歌詞です。この歌詞はドイツ語のもともとの讃美歌でも最後の歌詞にあたりますが、最後にこのように歌う。「愛する主イエスよ、今ささぐる、ひとつの願いを 聞きたまえや。この身と心を、主のまぶねとなし、とわに宿りたまえ」。

「まぶね」というのは「馬槽」と書きます。馬小屋にある馬たちが食べる草が入った入れ物のことです。ただし聖書には「飼い葉桶」(ルカ二・七)とあるだけです。馬かどうかは分からない。しかし家畜が食べる餌を入れるものです。主イエスは宿屋の部屋を借りることができず、家畜小屋でお生まれになり、飼い葉桶の中に寝かされた。その「飼い葉桶」、「まぶね」にならせてくださいと歌うのです。「まぶね」になれば、幼子、主イエスを自分の内に包むことができる。そのようにして、いつもあなたが私の内に宿るようにしてくださいと願うのです。

このような美しい信仰を表した歌詞が、私たちが用いている讃美歌にないのは残念な気がします。しかしゲルハルトはこのような時代に生きなければならない者として、最後にこの祈りを歌詞に表わしたのです。

クリスマスは、この王を自分のところに迎えることです。ゲルハルトの時代にも、ヘロデの時代にも、ネブカドネツァルの時代にも、たくさんの不安がありました。そして今の私たちの時代にも、たくさんの不安があります。いろいろなことに心を騒がせなければならない私たちです。自分がなんとか小さな王であろうとしがみついて必死になります。

けれどもクリスマスに、王が私たちのところに訪れる。聖書が私たちに告げる王は、私たちが思いつくような王ではありません。幼子です。両親に連れられて逃げなければならなかったような王です。十字架のときも十字架に架けられ死んでいった、無力な王です。頼りない王でしょうか。その通りです。私たちのために、無力な王として来てくださった。輝かしい力と権力で、世界を変える王ではありません。私たちが抱える罪や病や死に代わりに抱えてくださった。そして十字架にお架かりになり、死んでくださった。そのことによって、私たちの罪や病や死を取り去って下さった。それがまことの王なのだと聖書は言うのです。

クリスマスを迎えるとき、私たちに残された道は二つに一つです。不安を抱えたまま自分が小さな王であることに固執し、まことの王を退けるか。それとも罪、病、死、そしてこれらから生じる不安を取り去って下さるまことの王を自分の王として迎えるか、自分が「まぶね」になることを願うか。その二つに一つです。

二千年前のクリスマスまで、その道は一つでした。ヘロデ王の道しかなかった。しかし主イエスが新たな道を拓いてくださったのです。もう一度、主イエスの名前の由来が書かれた聖書の箇所を聞きたいと思います。「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(一・二一)。私たちは罪を取り除き、不安を取り除く王を迎えることができます。私たちは博士たちと同じ喜び、クリスマスの喜びに満たされるのです。