松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会


HOME > 礼拝説教集 > 20171029

2017年10月29日(日)
説教題「福音の再発見」

説教者 本城仰太 牧師

新約聖書: ローマの信徒への手紙 第1章16~17節

わたしは福音を恥としない。福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。「正しい者は信仰によって生きる」と書いてあるとおりです。

旧約聖書: ハバクク書2:1~4

明後日の二〇一七年一〇月三一日は、私たちのプロテスタント教会にとって、とても大事な日になります。プロテスタント教会が始まってから五百年の記念日になるからです。

もっとも教会の始まりをいつにするのか、それも難しい問題かもしれません。今から五百年前の一五一七年一〇月三一日にいったい何が起こったのか。マルティン・ルターという人がいました。この人はカトリック教会の修道士でした。このルターが、ドイツのヴィッテンベルクという町で、九五箇条の提題を発表した日と言われています。九五箇条から成る議題を提示して、今のカトリック教会のあり方におかしなところがあるから、みんなで議論をしたいと願ったのです。

しかしルターのこの思いを超えて、九五箇条の提題が広がっていきました。議論どころか、賛否両論が巻き起こり、ルターも戸惑いを覚えるくらいでした。結果的に、教会の改革運動が起こっていき、プロテスタント教会が生まれていった。そのきっかけの出来事が、今から五百年前の一〇月三一日に起こったのです。

カトリック教会とプロテスタント教会の違いは何か。牧師をしていますと、よくこのような質問を受けます。先日も求道者の方からそのような質問を受けました。いろいろな答え方をすることができるでしょう。例えば、カトリック教会では神父と言い、プロテスタント教会では牧師と言っています。それも違いの一つです。

もう一つの答え方は、聖書の重んじ方が違うと言えるでしょう。カトリック教会がもちろん聖書を重んじていないわけではありませんが、プロテスタント教会では「聖書のみ」と言われるように、聖書を大変重んじているのです。

面白い絵があります。五百年前の宗教改革の頃のことが描かれている絵ですけれども、大きな天秤が描かれています。天秤の左側には、カトリック教会の聖職者が乗っています。おそらく礼拝で使う様々な道具と共に、左側の天秤に乗っています。これがカトリック教会側の天秤です。右側の天秤には、一冊の聖書だけが置かれています。これがプロテスタント教会側の天秤です。たった一冊の聖書しか載せられていません。

さて、この天秤はどちらの側に傾くでしょうか。物理的には、左側には人間と礼拝の道具、右側にはたった一冊の聖書ですから、当然、左側に傾くだろうと思います。しかしこの絵では、右側に傾いているのです。しかも右側の天秤が地面にまで着いています。慌ててカトリック教会の別の聖職者が左側の天秤のひもを持って、左側の天秤を下にさげようとしますが、さげることができない。そんな面白い絵があります。

この絵は、五百年前の改革をよく表している絵です。どんな人間よりも、どんな物よりも、一冊の聖書の方が重い。「聖書のみ」に権威がある。そのことを表している絵なのです。

五百年前の改革者ルターも、聖書を重んじて、改革を行っていきました。改革のきっかけとなったルター自身の体験もまた、聖書に基づくものでありました。ルターは非常に繊細な心の持ち主だったと言われています。何よりも自分の罪に敏感でした。こんな自分が救われるのだろうか、神の赦しを得られるのだろうか、若き頃、その悩みにずっと取りつかれていました。

そこでルターは修道士になる決意をします。修道院で清く正しい生活を送っていくのです。ところがそれでもちっとも救いの確信を得ることができない。そういう若き時代を過ごします。

そのような頃、ルターはヴィッテンベルクの大学で、聖書講義の授業を担当することになります。最初は詩編の講義から始め、ローマの信徒への手紙の講義が続いていきます。ルターは聖書と向き合い、そして聖書からとても大事なことを見出すのです。ルターの生涯を変えるような出来事、「福音の再発見」と言われている出来事が起こります。

晩年のルターが、この時の出来事を振り返って、こんな文章を書いています。少し長い引用になりますが、お聞きください。

「私はかねがねローマ書のパウロを理解したいという不思議な情熱に捕えられていた。しかし、それまでこれを妨げていたのは、わたしの不熱心ではなく、一章一七節の「神の義は福音の中に啓示されている」という言葉であった。私はこの「神の義」という言葉を憎んでいた。なぜなら、私はそれを…能動的な義として理解するように教えられてきたからである。これによれば、神は義であり、罪人と不義なる者を罰するというのである。私は罪人を罰する義なる神をどうしても愛することができなかった。私は欠点のない修道士として生活していたにもかかわらず、自分を神の前で罪人と感じたからである。…〔しかし〕ついに私は神の義を、義人がその中で信仰によって生きる義として理解し始めた。…神の義とは、受動的な義であり、それによって恵み深い神が我々を信仰により義となすからである。…こうして私は全く生れ変わり、門が開かれて楽園の中に入った感じがした」。

ルターがここで使っている大事な言葉がいくつかあります。まずは「能動的な義」、「受動的な義」という言葉です。義というのは、訓読みにすると「ただしい」とも読むことができます。ルターはそれまでは「能動的な義」を考えていました。つまり、自分で自分の義しさを勝ち取らなければならない、しかし修道院に入っても勝ち取ることができなかった。この「能動的な義」に捕らわれていたけれども、「受動的な義」に変えられていった。自分で勝ち取る義ではなく、与えられる義を発見したのです。

ルターの文章の終わりのところにも「神が我々を信仰により義となす」とあります。義としていただけるのです。ルターはローマの信徒への手紙のこの箇所を読んで、「福音の再発見」をしたのです。ローマの信徒への手紙第一章一七節の言葉が、ルターにとっての大事な転機となりました。

本日、私たちに与えられた聖書箇所は、第一章一六~一七節です。使徒パウロがローマ教会に宛てて手紙を書きました。この時はまだローマには行ったことのないパウロです。行くのに先立って書いた手紙です。最初のところで挨拶を書きますが、今日の聖書箇所は、ローマの信徒への手紙全体のタイトル、あるいは全体の要約がここに凝縮されている言葉と言われています。

「福音を恥としない」(一六節)、いきなりそのような言葉が出てきます。福音とは、第一章二~四節のところで明らかにされています。「この福音は、神が既に聖書の中で預言者を通して約束されたもので、御子に関するものです。御子は、肉によればダビデの子孫から生まれ、聖なる霊によれば、死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです。この方が、わたしたちの主イエス・キリストです。」(一・二~四)。

この福音を「恥としない」、いきなりその言葉が使われています。なぜこんな言葉が使われているのでしょうか。しかも恥とするようなことをまったく考えていなさそうなパウロが、こんな言葉を使っているのです。なぜでしょうか。

答えは明確です。私たちには福音を恥としてしまうようなところがあるからです。パウロ自身は「恥としない」と言っているわけですが、しかし辱められるような出来事をたくさん経験していました。二千年前の教会の人たちもそうであり、今の私たちもそうです。信仰者として生きていくのは、この恥との闘いであると言っても過言ではありません。

しかしそもそもなぜ恥じてしまうのでしょうか。パウロは続けてこう言います。「福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力だからです。」(一六節)。神の力が問題になっています。先ほども読みました第一章四節には「死者の中からの復活によって力ある神の子と定められたのです」とあります。復活の力のことが言われています。

信仰者はこの神の力を信じているわけですが、そんな力を信じているのか、と言われてしまうようなことがあります。使徒言行録に記されていますが、パウロもギリシアのアテネに行ったときに、人々の前で伝道をしましたが、死者の復活のことに話が及ぶと、多くの人からあざけられたり、無視されてしまったり、そんな経験をしました。

私たちもそうでしょう。キリストの復活を、死者の復活という神の力を信じているのか、そんなことを信じて日曜日に教会に行っているのか、そんなことを信じてキリスト者になったのか、そんなことを信じてあなたは牧師になったのか。そう言われると、私たちも恥を覚えてしまうかもしれません。しかしこのような闘いがあるからこそ、パウロはこう書いているのです。

そこで続く一七節です。ルターもこの聖書の言葉によって立ち直ることができた言葉です。「福音には、神の義が啓示されていますが、それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです。」(一七節)。福音には「神の義」が示されていると言われています。それではどういう「神の義」、神の義しさが示されているのでしょうか。

「それは、初めから終わりまで信仰を通して実現されるのです」とあります。実は新共同訳聖書のこの翻訳は、かなり意訳されているところがあります。聖書の元の言葉には、「初めから終わりまで」という表現はありません。「信仰から信仰へ」という表現なのです。つまり「信仰」という言葉が二回使われているのです。

カール・バルトという二十世紀最大の神学者がいます。このバルトという人が、『ロマ書講解』という本を書きました。ローマの信徒への手紙のバルト流の解説です。今日の聖書箇所の注解のところで、バルトはこういうタイトルを付けました。「信実から信仰へ」。漢字に注意していただきたいと思いますが、二回使われている言葉を、バルトはこのように理解したのです。

バルトは、最初の「信仰」を「神の信仰」と考えました。しかし「信仰」というのは人間側の事柄なので、「神の信実」と理解しました。「信実」というのは、誠実であること、真剣で偽りのないことという意味です。その神の「信実」から始まって、人間に「信仰」として与えられる。それゆえに「信実から信仰へ」というタイトルが付けられました。少し補って言えば、「神の信実からすべてが始まって、その結果、人間に信仰が与えられる」ということです。

実はルターも、自分が抱えていた悩みを、このような理解で解決したのです。自分で義を獲得しなければならない、自分で自分の義しさを獲得しなければならない、自分で信仰を持たなければならない、そういう能動的な思いで悩みを抱えていたルターでした。しかしこの聖書の言葉を深く読んでいくと、そうではなかったことに気付いた。すべては神が与えてくださるものだった。これが「福音の再発見」です。これこそが福音、よき知らせであることに、ルターは気付くのです。いや、気付かされたのです。

恥ということを考えてきました。神の力や福音を恥じてしまうようなところが私たちにもあるかもしれませんが、そもそもよく考えてみれば、神が私たちを恥ともせずに、救ってくださったということが、出発点にあるのです。

私たちは自分で自分のことを恥じ入ることがあります。どんなに立派に見せようと思っても、実際に立派に見せることができたとしても、私たちには恥ずべきところがあります。神に対しても、人に対しても後ろめたいところがたくさんあります。ルターはそのことで深く悩んだわけですが、私たちもルターのように悩まなければならないものを、たくさん持っているのです。人間誰もが持っているものです。聖書ではそういう私たちのことを罪人と言います。義ではないところがあるのです。

そんな恥を抱えた私たちですが、普通ならば、神が私たちのことを恥に思って、かかわりを持たないのかもしれません。私たちも恥ずかしいとみんなから思われている人と、かかわりを持ちたくないところがあるかもしれません。しかし、神はそんな私たちのことを恥とはなさらず、そんな恥ずべき私たちに、かえって神の信実を注いでくださいました。イエス・キリストを私たちのところに救い主としてお遣わしくださり、キリストが十字架で私たちの罪の恥を負ってくださいました。私たちの恥を自らのものにしてくださったのです。

今日の聖書箇所の最後に、「正しい者は信仰によって生きる」(一七節)とあります。これは、本日、私たちに合わせて与えられた旧約聖書のハバクク書からの引用です。ここでの「信仰」もどう理解すればよいか、大きな問題になります。しかしここでもやはり、正しい者は「神の信実」によって生きる、と理解した方がよいと思います。私たちの能動的な信仰に生きるのではなく、ただ神が与えてくださる信仰、信実によって生きることが言われているからです。

これが、本日、私たちに与えられた聖書箇所に書かれていることです。いや、ローマの信徒への手紙全体で言われていることであり、聖書全体でも言われていることなのです。

ルターはこの箇所が大きなきっかけとなって、福音の再発見をしました。再発見というのは、もうすでにあったものでしたが、それを見出したという意味です。それは私たちにとっても同じことでしょう。聖書によって目が開かれ、そこにある宝を発見するのです。信仰を持つとは、再発見をすることです。皆が再発見するのです。

先月の九月一七日に、東京神学大学の大住雄一学長がここに来てくださり、長野地区後援会主催による講演会が行われました。講演のタイトルが「プロテスタント教会の伝統」というものでした。大住先生がこの講演の中でいろいろなことをお語りくださいましたが、一貫して語られていたのが、聖書を大事にするということです。私たちの伝道の姿勢にもそのことが表れています。さあ、一緒に聖書を開いて読もう、聖書から御言葉を一緒に聴こう、それが私たちの伝道の仕方なのです。

ルターも聖書を読み、御言葉を聴き、そのことによって神の力を得て、立ち直ることができました。私たちも同じです。この世に生かされていると、様々な場面で信仰者として恥じ入るようなこともあるかもしれません。しかしそれに勝る神の力を私たちは得ているのです。それに勝る福音、よき知らせを私たちはいただいているのです。