松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会

facebook.png


HOME > 礼拝説教集 > 20161225

2016年12月25日(日)
説教題「喜び溢れるクリスマス」

説教者 本城仰太 牧師

新約聖書: マタイによる福音書 第2章1〜12節

イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。王は民の祭司長たちや律法学者たちを皆集めて、メシアはどこに生まれることになっているのかと問いただした。彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。『ユダの地、ベツレヘムよ、お前はユダの指導者たちの中で、決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」そこで、ヘロデは占星術の学者たちをひそかに呼び寄せ、星の現れた時期を確かめた。そして、「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」と言ってベツレヘムへ送り出した。彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。学者たちはその星を見て喜びにあふれた。家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。

旧約聖書: イザヤ書9:1~6

クリスマス、おめでとうございます。今朝、このような挨拶を交わし合った方も多いと思います。イエス・キリストが私たちの救い主としてお生まれになった。そのことを喜び祝う、教会での挨拶です。

おめでとうという言葉、私たちの日常の中でも使う言葉です。どんな時に、おめでとうと言うでしょうか。例えば、結婚をした人に対して、おめでとうと言います。その他にも、入学や卒業、就職をした人に対しても、おめでとうと言うでしょう。

それらの方に対して、おめでとうという言葉を、もちろん心を込めて言うわけですが、どこか冷めて言う場合も、もしかしたらあるかもしれません。なぜなら、おめでとうと言う事柄について、自分は同じ喜びがあるとは限らないからです。結婚する相手におめでとうと言うけれども、自分は結婚式を挙げているわけではないし、入学や卒業した人におめでとうと言っても、自分が入学をしたのでも卒業もしたのでもないからです。

ところが、クリスマスで交わし合う挨拶のおめでとうは、これらのおめでとうとは違うのです。クリスマスおめでとう。イエス・キリストが救い主としてお生まれになってくださった。その救い主は、あなたのためにもお生まれになってくださったのであるし、私のためにもお生まれになってくださった。自分も含めて、みんなの喜びなのです。

聖書が語っているクリスマスの喜びとは、どういう喜びでしょうか。クリスマスの話は、マタイによる福音書とルカによる福音書に記されています。ルカによる福音書によると、羊飼いたちのところに現れた天使が喜びを告げています。天使が現れた時、羊飼いたちは恐れました。その羊飼いたちに対して、こう告げます。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。」(ルカ二・一〇)。

マタイによる福音書では、占星術の学者たちの喜びが記されています。今日の聖書箇所の一〇節のところです。「学者たちはその星を見て喜びにあふれた。」(一〇節)。これを直訳すると、「非常に大きな喜びで喜んだ」となります。少しぎこちない表現です。しかしすごく大きな喜びであったことがよく分かります。博士たちのこれ以上ない喜びを表しているわけです。

主イエスの父ヨセフと母マリア、クリスマスの出来事の当事者となりますが、その当事者たちが喜んだというようなことはあまり記されていません。むしろ不安だったのかもしれません。今日の聖書箇所に出てくるヘロデ王もそうでした。エルサレムの人たちもそうでした。「これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。」(三節)。

このように考えていくと、クリスマスの本当の喜びを知ったのは、博士たちであったと言った方がよいのかもしれません。ヨセフやマリアでも、もちろんヘロデ王でもなかった。博士たちが一番ふさわしく、そして一番最初にクリスマスを喜び祝った人たちなのです。

この博士たちのことが、最初の一節のところに記されています。「そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て…」(一節)。この博士たちですが、元の言葉では「マゴス」という言葉の複数形になっています。この言葉はやがて、英語の「マジック」になりました。マジシャンたち、魔術師たちと言ってもよいのかもしれません。「占星術の」と訳されていますが、他の翻訳ではほとんどが「博士たち」です。星を見ていたので、おそらく星占いである、だから「占星術の学者たち」と訳されているわけです。

星占い。今だけではない、昔も流行っていたのです。この博士たちは星占いをして、生計を立てていたのでしょう。今もそうかもしれませんが、なぜ星占いが流行るのか。この世界や宇宙には、何らかの法則があるのではないか、人間はそういう考えを根強く持っています。自然の法則と言ってもよいのかもしれませんが、いわゆる運命みたいなものです。そういう法則は、規則的な運動をしている天体を観察するとよく分かる。昔も今もそう考えるわけです。その法則に則ることが大事であって、逆らってはいけない。そのようにすると、幸せに生きることができると考えるわけです。そのように信じる宗教なども多いのかもしれません。

しかし神を信じる者はそうは考えないわけです。おかしな運命のようなものを信じるのではない。その意味で、キリスト者は星占いの誘惑との戦いがあります。キリスト者たちだけではなく、当時のユダヤ人たちもそのような星占いを、まったく信じてはいなかったのです。

ところが、そういう者たちが、主イエスがお生まれになるクリスマスの時に、主イエスのところにやって来る。「東の方からエルサレムに来て」(一節)とあります。東とはどこだったのか。はっきりとはわかりません。確実に外国人です。異教の信仰をもっていた人たちだったのでしょう。しかしそういう者たちが拝みにやって来る。ヘロデ王に問いかけるのです。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」(二節)。

拝むという言葉が使われています。拝むとは何でしょうか。拝むとは、礼拝するということ、ひざまずくということです。この博士たちは、何のためにはるばる旅をしてきたのか。目的はただ一つです。拝むためです。信じられないことかもしれません。拝むことがそれほど重要なのでしょうか。

私たち日本人も、拝むという言葉、けっこう軽い感じに何気なく使っているかもしれません。「拝見する」と言います。「見る」の謙譲語ですが、少しだけ改まった言い方です。文字通りに拝んで見るわけではありません。「拝読する」と使うこともあります。教会によっては聖書朗読の際に、「聖書を拝読します」と言う場合がありますが、私は聖書自体を拝んで読むものではないと思っていますので、あまり使わない言葉です。けれども、ちょっと改まって読む場合は「拝読する」と日常で使うこともあるでしょう。「顔を拝む」というようにも使います。このように、漢字が持っている意味合いからすると、けっこう軽く使われてしまうことが多い言葉と言えます。

けれども、聖書を読んでいますと、拝むことはかなり重視されています。このマタイによる福音書もそうです。今日の聖書箇所にも、三回も拝むという言葉が出て来ます。

二節の博士たちの言葉がまずそうです。八節のヘロデの言葉にも出てきます。「行って、その子のことを詳しく調べ、見つかったら知らせてくれ。わたしも行って拝もう」(八節)。ヘロデは拝む気などさらさらなかったと思いますが、やはり拝むという言葉を使っている。そして一一節、「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。」(一一節)。博士たちは主イエスを拝む目的をもってはるばる旅をし、このようにして実際に主イエスのことを拝んだ。その目的を達成したのです。

クリスマスは、キリスト礼拝という意味です。クリスがキリストのこと、マスは、カトリック教会ではミサと言いますが、礼拝のことです。クリスマスの時、誰がキリスト礼拝をしたか。博士たちです。遠い外国から、主イエスを礼拝するためにだけやって来た外国人が主イエスを礼拝した。それがクリスマスの出来事です。

間もなくお正月を迎えます。日本では多くの人たちが初詣に行きます。ちょっと近くの神社へ、という感覚でしょう。普段祈っていない人でも、この時ばかりは、拝んで、祈るのかもしれません。何を祈るのでしょうか。家内安全、無病息災、商売繁盛、世界平和。いろいろなことを挙げられます。これらのものは、なかなか自分の力では達成できないものかもしれません。

先週の木曜日、オリーブの会を行いました。信仰の初歩的なことを学ぶことができる会です。毎回、テーマが定められています。先週のテーマは、イエス・キリストがなぜ救い主なのか、というテーマでした。そのことをめぐって、自由に話し合いがなされましたが、どういうわけか、今の世界の悲惨な有様の話になりました。毎日のように殺人事件が起こる。こどもへの虐待がなされている。頻繁にテロのニュースも入ってくる。世界中で争いが絶えない、戦争がなくならない。

ため息が出てしまうような話題です。罪深い人間が作り出している悲惨な現実です。自分たちは無関係でいられるでしょうか。遠い世界で起こっている出来事でしょうか。オリーブの会では、日本の現実についても話が及びました。沖縄の問題があり、福島の問題がある。日本に生きる私たちとして、私たちも無関係ではいられない。私たちの責任、罪が問われる。

会話が続かなくなるところかもしれません。しかしオリーブの会では会話を続けることができました。もう終わりの時間でした。まとめとして、だからこそ、私たちにとって救い主が必要なのだ、そこへ辿り着きました。私たち人間を超えたところから、救いがやって来なければ、本当の救いには辿り着かないのです。

クリスマスの喜びというのは、まさにそういうところで味わうものだと思います。クリスマスおめでとうと挨拶を交わし合う、その挨拶を交わし合っているところにも、罪があります。でも、なぜ、おめでとうなのか。人間の罪深さの中から、救う救い主がお生まれになるからです。先週の聖書箇所ですが、第一章二一節にこうあります。「マリアは男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。この子は自分の民を罪から救うからである。」(一・二一)。イエスという名前は、神は救うという意味があります。そのイエス・キリストを拝む。キリスト礼拝をする。それがクリスマスの出来事です。

この博士たちは、これまで自分たちが拠り所にしてきた星に導かれました。星を信じて生きてきました。博士たちにとっても、驚くべき不思議な星が見えた。その星をたよりにエルサレムにやって来た。ヘロデのところへやって来た。そしてそこから出て行くと、その星が動き出した。ついて行く。そして星に導かれて、ついに幼子のいる場所の上に止まる。

そこで博士たちは喜びました。家の中に入って、主イエスにお会いしてから喜んだのではない。まだ主イエスとお会いする前に、星に導かれ、ついに目的地にたどり着いたことが分かったところで、この博士たちは、「非常に大きな喜びで喜んだ」のです。

主イエスにお会いして、自分たちの国に帰ることになります。帰り道はどうしたのでしょうか。「ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。」(一二節)。帰り道は何を道しるべに帰ったのでしょうか。もう星の導きは終わりました。星に従う、星占いに従う、そういう運命に従うことはなくなりました。神の言葉を聴いて、神に従う者になったのです。

この博士たちは、マタイによる福音書の第二章の冒頭のところに、主イエスを拝むためだけに登場し、実際に拝んで、そのまま姿を消していく、そういう者たちです。実際によく分からないところが大部分です。しかし博士たちは、誰かに強いられてそのようにしたわけではありません。自らの意思で、自らの自由の中で、キリストを礼拝したのです。

罪深い世の中で、私たちは何をすべきでしょうか。世界の悲惨な有様にため息をついて、ただ諦めるだけでしょうか。それとも、罪から救ってくださる救い主を礼拝するでしょうか。博士たちのように、キリストを礼拝する者に、神が喜びを与えてくださいます。

今日のこのクリスマスの礼拝で、洗礼を受けられた方、信仰告白をされた方があります。「受洗おめでとう」、「信仰告白おめでとう」と声をかけることができます。しかしこの喜びもまた、この方々だけの喜びというわけではない。一緒に喜べる喜びです。

洗礼を受けたと言っても、信仰告白をしたとしても、自分の罪にこれからも苦しまなければならないかもしれません。これからの先行きを覚えて不安になるかもしれません。悲惨な現実に直面しなければならないかもしれません。しかしそこでため息をついて終わりというわけではない。喜び溢れる歩みを送ることができます。私のためにも、あなたのためにも、みんなのために、救い主がお生まれになった。その救い主を拝むことが、本当のクリスマスなのです。