松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会


HOME > 礼拝説教集 > 20171224

2017年12月24日(日)
説教題「あなたのクリスマス物語」

説教者 本城仰太 牧師

新約聖書: ルカによる福音書 第2章8~20節

その地方で羊飼いたちが野宿をしながら、夜通し羊の群れの番をしていた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。天使は言った。「恐れるな。わたしは、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」すると、突然、この天使に天の大軍が加わり、神を賛美して言った。「いと高きところには栄光、神にあれ、地には平和、御心に適う人にあれ。」天使たちが離れて天に去ったとき、羊飼いたちは、「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」と話し合った。そして急いで行って、マリアとヨセフ、また飼い葉桶に寝かせてある乳飲み子を探し当てた。その光景を見て、羊飼いたちは、この幼子について天使が話してくれたことを人々に知らせた。聞いた者は皆、羊飼いたちの話を不思議に思った。しかし、マリアはこれらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた。羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。

旧約聖書: なし

ある人が悩みを抱えていました。なぜ自分はこんなに駄目な人なのだろうか。なぜこの世の中がこんなにも理不尽なのだろうか。そういう悩みです。答えを探そうと、いろいろな本を読んでみました。しかしこれといった答えを見出せませんでした。

ある時、書店で聖書を購入します。その中に答えがあるのではないかと思って読み始めます。しかし読んでも分かりません。そこで、教会へ行ったら聖書のことが分かるのではないか、そう考えて教会へ行くことを決意するのです。

家のすぐ近くに教会がありました。しかしあまりにも近所なので、そこに行くのはやめて、自宅から徒歩で一〇分くらいかかるところにある教会へ行こうとします。日曜日の礼拝の時間を調べて、家を出るのです。

ところが教会の前に差し掛かると、入るのに勇気が必要であることに気付きます。この先にはどんな世界が広がっているのだろうか、そういう期待を抱きながらも、どこか入りづらい雰囲気があり、教会の敷居をまたぐことができない。教会の入口を素通りしてしまいました。

さて、ここからどうするか。回れ右をするのも恥ずかしい。そこで、右に曲がる道がありましたので、とりあえず右に曲がってみます。また右に曲がる道がありましたので、そこも曲がります。またまた右に曲がる道がありましたので、そこも曲がります。さて、ここからが問題です。もう一回右に曲がれば、先ほどの教会の入口のところに出ます。左に曲がれば、そのまま自宅の方に歩いて帰ることができます。この人は迷いながらも、右に曲がって、教会の方へ再び歩いていくのです。

しかし、今回も教会の入口を素通りしてしまいました。教会の敷居をまた、またぐことができなかったのです。結局、その日は、教会の周りを何周かして、家に帰ることになったのです。

一週間後、日曜日がやってきます。先週は教会の敷居をまたぐことができませんでしたが、今週こそは、そう決意して、家を出掛けて行きます。しかしこの週もまた、先週と同じでした。教会の周りをぐるぐる何周かして、家路についてしまったのです。そういうことが数週間、続きます。

しかし数週間後、今日こそは、と意を決し、ついに敷居をまたぐ時がやって来ました。自分でも、なぜその時は敷居をまたぐことができたのか、不思議でなりません。教会に入ると、受付らしきところに、教会員らしき人が立っていました。その人から「おはようございます」と挨拶されます。「初めてなのですが」、そう答えますと、礼拝堂へと案内してくれました。

礼拝が始まります。讃美歌や聖書を開くのに戸惑っていると、周りの人たちが親切に教えてくれました。そして何よりも心を打たれたのが、説教の言葉でした。その説教で、こういう聖書の言葉が読まれました。「わたしの目にあなたは価高く、貴く、わたしはあなたを愛し」ている(イザヤ四三・四)。人から低い評価ばかり受け、自分が重んじられることなどありませんでした。自分が神から愛されていることなど、これっぽっちも考えたことがありませんでした。

しかしこの日を境にして、神の愛を考えるようになり、聖書をより深く読むようになりました。日曜日の礼拝にも毎週、通うようになりました。そしてやがて、洗礼を受けたのです。教会の周辺をぐるぐる周っていましたが、その中心へと導かれたのです。

私たちの人生にも、様々な悩みが付き物です。教会の周辺をぐるぐる周りながら、このような悩みを悩んでいたこの人と私たちは、案外、共通しているとこがあるかもしれません。

本日、私たちに与えられた聖書箇所に出てくる羊飼いにも、そういうところがありました。当時の羊飼いという職業に就いていた人たちは、周辺世界に追いやられた人たちでした。羊は当時の社会では、かなり重要な家畜でした。しかしそれにもかかわらず、羊飼いたちは重んじられていなかったのです。街の中に住むことすらできませんでした。羊の世話をするのも大変なことでした。様々な不平・不満を抱えていたかもしれませんし、もうすっかり諦めていたかもしれません。

そこへ、天使が現れるのです。天使は神からの御使いです。羊飼いたちは、日頃から自分たちの胸に抱えていた様々な思いを、天使に訴える場があったら、訴えたかったかもしれません。例えばこのようにです。「私たちが置かれているこの現実を、あなたは知っていますか?」「どうして私たちは街の中に住むことができず、外へ追いやられているのですか?」「街の中では、皆が幸せそうに生活しています。私たちは外で羊を飼っています。誰も感謝してくれません。あんまりではありませんか!」。

他にもたくさんのことを並び立てることができるかもしれません。「この世界の有様を見てください。あなたたちは「地には平和」などと言いますが、ちっとも平和などないではありませんか!」。あるいはこうも言わなければならないかもしれません。「私たち人間の心の中を見てください。荒れ果てて、愛などまったくありません」。教会の周辺をぐるぐる周っていたあの人のように、羊飼いたちも常日頃から抱えていたこれらの問いを、天使にぶつけたかったかもしれません。

しかし、さすがは神の御使いである天使です。こういう問いに対する答えを教えてくれるわけではないかもしれません。しかし代わりに大事なことを、天使は教えてくれるのです。「あなたがたのために」と天使は言います。「今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。」(一一節)。

この言葉を聴いた羊飼いたちは言います。「さあ、ベツレヘムへ行こう。主が知らせてくださったその出来事を見ようではないか」(一五節)。今まで自分たちを街の外へ追いやっていた、その人たちがいる街の中へ、ベツレヘムへ行こうと言うのです。そして出掛けていきます。

そうすると、思いがけないことが一つありました。救い主が街の中心部で、立派なお屋敷で生まれたものとばかり思い込んでいました。しかしそうではなく、人の住む場所ではない家畜小屋でお生まれになられていた。お蔭で自分たち羊飼いも、救い主にお会いすることができたのです。

その後、羊飼いたちはどうしたでしょうか。「羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて天使の話したとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った」(二〇節)とあります。再び街の外へと出て行くのです。相変わらずの街の外です。どうして自分たちが街の外へ追いやられているのか、なぜこのような悩みを悩まなければならないのか。これらの問いの答えが出ないまま、街の外へ、自分たちの場所へと戻っていくのです。

しかし羊飼いたちにとって、今まで自分たちが悩んでいた問題は、もはや大きな問題ではなくなりました。羊飼いたちはそのことに気付いたのです。答えは出ないかもしれないけれども、もはやこれらは自分の人生を深く悩ますような大きな問いではなくなり、小さな問題へと成り下がっていったのです。

教会の周辺をぐるぐる周って、ついに教会に辿り着いたその人も、同じ思いを抱えていました。この人にも羊飼いと同じように、悩みがあったのです。しかし日曜日に教会へ行くようになった。洗礼を受けた。結果はそうなりました。そうだからと言って、悩みがなくなったわけではありません。相変わらず同じような悩みを抱えたままです。

しかし、この人は中心部分にあるものを知りました。周辺をぐるぐるしていた時には決して知ることができなかったものです。本当に見出すべき答えを中心で見出し、その中心の教会から周辺世界へと出て行く歩みをするようになりました。悩みは抱えたままでも、以前のように深く悩まなくなったのです。

今日のクリスマス礼拝で、二人の若い方の洗礼式を行いました。これから何十年、人生の歩みが続いていくことでしょうか。私たちの人生には悩みが付き物です。教会の周辺をぐるぐる周るように、様々な問いに深く悩むこともあるかもしれません。

しかし本当に見出すべき答えは、周辺部分には決してありません。中心にあるのです。天使が周辺世界から真ん中へと導いてくれます。「あなたがたのために、救い主がお生まれになった」。これが、天使が告げてくれる、私たちへの答えです。

私たちの重荷を背負い、問いを共に悩んでくださり、私たち以上に労苦してくださり、私たちの罪、病、死を負ってくださる方、イエス・キリストがお生まれになりました。この救い主が、私たちのすべてを追ってくださいます。ある聖書の言葉がこう告げています。「彼はわたしたちの患いを負い、わたしたちの病を担った。」(マタイ八・一七)。キリストが私たちのところに来てくださったことを、私たちのこととして、心より喜ぶことができるのです。