松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会

facebook.png


HOME > 礼拝説教集 > 20171231

2017年12月31日(日)
説教題「平安のうちに年を閉じるために」

説教者 本城仰太 牧師

新約聖書: ルカによる福音書 第2章21~40節

八日たって割礼の日を迎えたとき、幼子はイエスと名付けられた。これは、胎内に宿る前に天使から示された名である。さて、モーセの律法に定められた彼らの清めの期間が過ぎたとき、両親はその子を主に献げるため、エルサレムに連れて行った。それは主の律法に、「初めて生まれる男子は皆、主のために聖別される」と書いてあるからである。また、主の律法に言われているとおりに、山鳩一つがいか、家鳩の雛二羽をいけにえとして献げるためであった。そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。シメオンは幼子を腕に抱き、神をたたえて言った。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、この僕を安らかに去らせてくださいます。わたしはこの目であなたの救いを見たからです。これは万民のために整えてくださった救いで、異邦人を照らす啓示の光、あなたの民イスラエルの誉れです。」父と母は、幼子についてこのように言われたことに驚いていた。シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」また、アシェル族のファヌエルの娘で、アンナという女預言者がいた。非常に年をとっていて、若いとき嫁いでから七年間夫と共に暮らしたが、夫に死に別れ、八十四歳になっていた。彼女は神殿を離れず、断食したり祈ったりして、夜も昼も神に仕えていたが、そのとき、近づいて来て神を賛美し、エルサレムの救いを待ち望んでいる人々皆に幼子のことを話した。親子は主の律法で定められたことをみな終えたので、自分たちの町であるガリラヤのナザレに帰った。幼子はたくましく育ち、知恵に満ち、神の恵みに包まれていた。

旧約聖書: イザヤ書60:1~7

今年最後の日を迎えました。今日は一二月三一日です。今年は一二月三一日が日曜日になりました。私は牧師であります。毎年の一一月頃に、新しい年の手帳を用意します。手帳を手に入れると最初にすることは、次の年の年間予定を見ることです。カレンダーを眺めながら、次のイースターやクリスマスがいつの日になるのかを確認するのです。

主イエスのお甦りになったイースターの日付は、毎年、変動します。イースターは、春分の日の後の満月の日の後の最初の日曜日、と定められています。複雑な決め方ですが、これは主イエスの十字架と復活が過越祭という祭りの時に起こったからです。過越祭の決め方に則って、教会のイースターの日付も決まってきます。早ければ三月末、遅いと四月末になり、およそ一か月の幅があるということになります。

主イエスのお生まれになったクリスマスの日付は、一二月二五日と決められています。日本の多くの教会では、二五日以前の直近の日曜日にクリスマスの礼拝を行います。今年は一二月二四日が日曜日でありました。毎年、キャンドル礼拝は二四日に行っていますので、今年はクリスマス礼拝もキャンドル礼拝も一日のうちに行いました。

そして一週間が経ちました。今日が一二月三一日、大晦日であり、日曜日です。日本の教会では大晦日の日に礼拝を行う教会は少ないかもしれません。しかし海外の教会では、日曜日でなかったとしても、大晦日の日に礼拝が行われることもあります。その大晦日の礼拝で、よく読まれる聖書箇所が、本日、私たちに与えられた聖書箇所なのです。ルカによる福音書のシメオンが出てくる箇所です。この聖書箇所が朗読され、説教が語られたり、あるいはシメオンが語っている言葉を讃美歌として歌ったり、そういうことがなされるのが大晦日の日です。

このシメオンの聖書箇所は、大晦日や、あるいは一日の終わりに好んで読まれる聖書箇所なのです。なぜ終わりの時に、この聖書箇所が好んで読まれるのか。特に二九節にこうあるからだろうと思います。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、この僕を安らかに去らせてくださいます。」(二九節)。この言葉は、シメオンが幼子の主イエスを腕に抱きながら言った言葉です。安らかに去らせてくださる、今日はこの言葉を中心に御言葉を聴きたいと願っています

ルカによる福音書の今日の聖書箇所は、クリスマス物語の続きの箇所にもなります。主イエスがお生まれになった。第二章ではずっとその話を書いてきました。クリスマスの話が記されているマタイによる福音書もそうですが、ルカによる福音書でも、生まれた後の話も書いていくのです。

イスラエルでは、子どもが生まれて生後四〇日が経ちますと、その子を連れて礼拝を献げる習慣がありました。特に初めての子どもである長子の場合は、そのことを重んじました。

神を信じるイスラエルの民です。すべてが神から与えられていることへの感謝を表す礼拝を大事にしました。例えば、収穫物が与えられたら、収穫の初穂を神に献げました。家畜を飼っていて、家畜に初子が生まれると、その初子を神に献げました。自分たちに子どもが与えられた場合も、やはり感謝の礼拝をするのです。特に長子はそうです。長子を神からいただいたものとして、神にささげる思いをもって礼拝をするのです。

もちろん、神にお献げするのは長子だけではありません。長子が生まれた時に、神に感謝の礼拝を献げる。そのことによって、その家族全体が祝福される。その後から続く者たちも祝福される。その思いが大事なのです。

主イエスの家族もそういうしきたりに従って、この時、幼子の主イエスが与えられた感謝を献げるために、マリアとヨセフはエルサレムの神殿に赴いたのです。主イエスの家族は、他の家族となんら変わりのなく、このような礼拝をしようとしていたのです。イスラエルのごく一般的な家にお生まれになり、律法のもとにお生まれになり、神の民の一人として生きてくださった。神の子が人の子となってくださったのです。そのことを通して、人間の救済が始まっていきます。

そのようにして主イエスの家族が赴いたエルサレム神殿に、シメオンという人がいました。シメオンのことは、このように紹介されています。「そのとき、エルサレムにシメオンという人がいた。この人は正しい人で信仰があつく、イスラエルの慰められるのを待ち望み、聖霊が彼にとどまっていた。そして、主が遣わすメシアに会うまでは決して死なない、とのお告げを聖霊から受けていた。」(二五~二六節)。

二五節のところに「イスラエルの慰められるのを待ち望み」とあります。シメオンという人は、自分の慰めを求めていたわけではありません。主イエスにお会いするまでは、ずっと生かされ続けていた人。死ぬに死ねなかった人です。この世の悲しみ、イスラエルの嘆きをつぶさに舐めていたことでしょう。悲しみをよく知っていた人です。この世のことを深く嘆きながらも、約束が実現するまで、ずっと待ち続けていた人だったのです。

一七世紀のオランダの画家にレンブラントという人がいます。このレンブラントは晩年に、シメオンの絵を描きました。幼子の主イエスを両腕で抱いているシメオンが描かれています。抱いているといっても、しっかり抱いているわけではありません。幼子を抱くには不自然な手をしています。硬直しているのではないかとさえ思わされます。祈りの手のように合掌をしている。その上になんとも頼りなさそうに主イエスを抱いているのです。レンブラントの顔には、白いひげを蓄え、目もほとんど開いていないかのような姿をしています。かなりの老人です。

聖書の中に、シメオンが老人であったとは一言も書かれていません。しかし多くの者たちが、シメオンのことを老人だっただろうと考えてきました。根拠となるのは、ずっと約束の実現を待ち続けていたことと、今日の聖書箇所に合わせて出てくるアンナという人が、八四歳だったということです。おそらくシメオンは歳を重ねていたと思います。ずっと救い主の誕生を待ち続けていたのです。

そのシメオンがついに救い主と出会う時がやって来ました。二七節にこうあります。「シメオンが“霊”に導かれて神殿の境内に入って来たとき、両親は、幼子のために律法の規定どおりにいけにえを献げようとして、イエスを連れて来た。」(二七節)。“霊”の導きがあったことが記されています。

ルカによる福音書には、主イエスがお生まれになった時の様子が記されています。布一枚にくるまれて飼い葉おけに寝かされます。立派な家でお生まれになったとか、ひときわきれいな服を着せられたとか、特に際立ったところはありません。エルサレム神殿にやってきた主イエスの家族もまた、特に人目を引くようなところはなかったと思います。主イエスの家族は、イスラエルのどの家でもなされていたことを、エルサレム神殿に行いに来ていたにすぎません。同じような家族が他にもいたと思います。

そういう中で、シメオンは救い主を待っていたわけですが、よくぞ見つけられたことだと思います。なぜ見つけることができたのか。聖書が言っている理由は“霊”の導きがあった、たったそれだけです。

しかしいずれにしても、シメオンは待ち望んでいた救い主と対面することができました。そして二九節の言葉を言うのです。「主よ、今こそあなたは、お言葉どおり、この僕を安らかに去らせてくださいます。」(二九節)。この言葉はいろいろな意味合いに取ることができます。しかし古くからの理解では、死を意味することとして理解されてきたのです。

人によっては、シメオンはこの直後に死んだとさえ考えている人もいるくらいです。「安らかに去らせてくださいます」、この言葉は現在形の言葉です。今、安らかに去らせてくださる、という意味だからです。それも一つの理解です。しかしそうでないかもしれません。聖書は特にシメオンの死については言及していません。この直後に本当に死んだかもしれませんし、その後しばらく生きてから死んだかもしれません。

しかしたとえシメオンの死がどのような死であったとしても、この言葉は真実です。シメオンは安らかに逝った。「これで私は平安のうちに死ぬことができます」、シメオンはそのような言葉を残し、そのような思いのうちに死んでいったのです。

このことは、私たちにとっても大きな問題です。私たちは自分の死を、自分の終わりをどのように迎えるでしょうか。誰もが安らかに死を迎えたいと願っています。

先日、ある文章を読みました。自分の親族が一〇〇歳を超えて亡くなった。かつては自分の母も九〇歳を超えて亡くなった。大往生だった。振り返ってみると、家族としては生活をしていくのにいろいろと大変なこともあったけれども、そのように寿命をまっとうすることができ、安らかに死ぬことができ感謝している。自分もそのように死を迎えたい。そういう文章を読みました。

これを皆様はどう思われるでしょうか。私たちもそうなりたいと思うのではないかと思います。自分の人生、最期は安らかに逝きたいと誰もが願います。昨日まではピンピンしていて、そして今日はコロリと死を迎えたい、そのように思われている方も多いと思います。でも、なかなかそうはいかない、他方で私たちはそういう覚悟をしているのです。

しかし、本日、私たちに与えられた聖書箇所は、寿命をまっとうするように、最期に安らかな死を迎えましょう、そんなことを言っているわけではないのです。たとえどのような死を迎えようとも、ピンピンコロリではなかったとしても、安らかに死を迎えることができる、そのことを私たちに告げています。

その理由が、三〇節のところに記されています。「わたしはこの目であなたの救いを見たからです。」(三〇節)。シメオンは救い主の主イエスとお会いしたわけですが、「わたしはこの目であなたの『救い主』を見た」とは言わないのです。「救いを見た」のです。これが、安らかな死を迎えるための大きな鍵となります。

松本東教会の牧師として、多くの方の死を看取り、葬りを行ってきました。いろいろな最期の迎え方がありました。ある時までは元気だったけれども、最期は病との闘いを経て、死を迎えた方もあります。本当に突然のように、思いがけずに死を迎えた方もあります。あるいは、長寿をまっとうするように、最期は老衰で死を迎えた方もあります。

私たちの教会の中だけを見ても、いろいろな死があります。私たちはそれぞれの死を比べて、自分はこういう仕方で死を迎えたいとか、ああいう死に方は嫌だとか、いろいろなことを考えます。場合によっては、わがままになることさえあるかもしれません。しかし今日の聖書箇所では、たとえどんな死を迎えることになったとしても、共通の平安を語っているのです。

改めて三〇節であります。「わたしはこの目であなたの救いを見たからです」(三〇節)。先ほども申し上げたように、「救い主を見た」という言葉遣いではありません。「救いを見た」のです。

「救いを見た」とは、どういうことでしょうか。先週、クリスマス礼拝が行われ、その中で洗礼式が行われました。洗礼というのは、救いの出来事そのものです。救いという、本来ならば目に見えないようなものかもしれませんが、目に見える形で定められたもの、それが洗礼です。先週のクリスマス礼拝に出られた方は、本当にその「救いを見た」のです。

英語の注解書を読みますと、シメオンのことがWatchmanと表現されています。見張りとかガードマンという意味です。救いがやって来ることをエルサレム神殿で見張り続けて、ついにその「救いを見た」のです。私たちもそうなることができます。

今日の聖書箇所の終わりの方に、シメオンが母マリアに行った言葉があります。「シメオンは彼らを祝福し、母親のマリアに言った。「御覧なさい。この子は、イスラエルの多くの人を倒したり立ち上がらせたりするためにと定められ、また、反対を受けるしるしとして定められています。――あなた自身も剣で心を刺し貫かれます――多くの人の心にある思いがあらわにされるためです。」(三四~三五節)。

「倒したり立ち上がらせたりするため」とあります。倒すことが先です。立ち上がらせることが後です。倒す、立ち上がらせる、いったい何を表しているのか。はっきりしたことは語られていません。しかし主イエスが苦難をお受けになる、母マリアは心が刺し貫かれる思いをすることになる。そしてその結果、人間が立ち上がるのです。ここで使われている「立ち上がる」という言葉は、「復活」という言葉と同じです。「救い主」が与えてくださる「救い」を、シメオンはもうかすんで見えなくなるような目で、すでに見ていたことになるのです。

松本東教会で逝去された方々も、確かにいろいろな死はあったかもしれませんが、皆、安らかに死んで逝かれました。それぞれの目に、皆が「救い」を見ていたからです。皆がシメオンとして、あるいはアンナとして、死んで逝かれたのです。

今日は今年、最後の日です。今年、最後の礼拝です。今年一年を振り返ってみて、どんな一年だったでしょうか。安らかな一年だったでしょうか。大変な一年だったでしょうか。思い通りにならなかった一年だったでしょうか。それぞれに振り返ってみて、悔い改めるべきことは、神に悔い改めなければなりません。感謝すべきことは、神に感謝しなければなりません。

しかしたとえどのように一年であったとしても、私たちすべてに共通していることがあります。今年一年、何度も倒れたけれども、立ち上がった一年であったこと、いや、立ち上がらされた一年であったということです。主イエスの救いを見てきた一年であったということです。一年の終わりにあたって、主イエスなしで一年を終えることはできません。主イエスと共に一年を終え、また主イエスと共に新たな一年を始めていくのであります。