松本教会 プロテスタント 日本キリスト教団松本東教会

facebook.png


HOME > 教会の歴史

松本東教会の歩み

1916年6月4日

松本聖書研究会が発足。
小学校の校長であった手塚縫蔵が中心となり、小学校と幼稚園の関係者の参加がほとんどであった。聖書講義や祈祷会が活動の中心となった。

1918年5月2日

日本基督松本伝道教会の創立式が行われる。
司式者は植村正久、金井為一郎の両師。長野県内の七教会で日本基督教会(略称:旧日基)中会を組織し、その傘下で教会活動を行うようになった。

1924年9月13日

日本基督松本教会の建立式が行われる。
司式者は植村正久、川添万寿得の両師。
この日が教会の設立記念日となる。
日本基督教会に属する一教会として、宣教の使命を付託され、正式に独立を認められた教会としての歩みが始まる。


手塚縫蔵氏が長老会の中心となり教会形成がなされる。教会発足当初から、しばらく専任牧師が得られず、無牧が続く。

1944年3月5日

戦時下の影響もあり、日本基督教団大柳町教会(旧松本メソジスト教会、現在の日本基督教団の松本教会)と日本基督教団田町教会(旧松本バプテスト教会、現在の日本バプテスト同盟の松本バプテスト教会)の三教会で合同する。

1947年6月

三教会の合同が解消される

1947年7月6日

当教会は松本日本基督教会と改名し、京都北白川教会より和田正を牧師として迎えて再発足する。単立教会としての歩みが始まる。



1979年4月

総会にて会堂建設を決定し、現在の教会堂の建設が始まる

1980年7月6日

初めての主日礼拝が新会堂にて行われる。
同月27日、会堂落成祝謝会が開かれる。

kyoukai.jpg

1984年

和田正退任。代務者として百瀬潔着任。2年間無牧となる。

1986年6月

及川信着任

1989年6月

教会堂北側の駐車場の上に牧師館が建設される

1995年3月

教会堂近くの土地を購入し、教会別館が完成する。
bekkan.jpg



2001年3月

及川信退任

2001年4月

服部愛子着任

2001年7月19日

すでに日本基督教団加盟のための準備が進められていたが、同年5月の日本基督教団東海教区総会を経て、正式に日本基督教団へ加盟。日本基督教団松本東教会としての歩みが始まる。

2002年3月

服部愛子退任

2002年4月

川﨑公平着任

2005年4月

川﨑恵着任

2010年3月

川﨑公平・川崎恵退任

2010年4月

本城仰太着任。現在に至る。